初任者研修



ヘルパーの仕事内容
ホームヘルパーの仕事としては、主に身体介護と家事援助がありますが、家族への介護技術の指導や精神面のケアなども重要な仕事です。
身体介護:食事の介助、排泄の介助、衣類の着脱、入浴の介助、通院・デイサービスへの付き添い、体位交換、リハビリの介助、健康チェックなど。
家事援助:症状に合わせた食事の準備、洗濯、衣類の繕い、掃除・整理整頓、買い物など。
相談助言:生活や介護、居住環境などについての相談、精神面のケアなど。

ヘルパーとは
ホームヘルパーとは、お年寄りや心身に障害を持つなど、日常生活で困難の多い方々に、その生活面でのサポートを行うために家庭に訪問し、サービスを提供する人のことです。
『住みなれた家で、家族や地域の人たちに囲まれて暮らしていきたい。やすらかで生きがいのある日々を送りたい。』というお年寄りや障害のある人の願いを、実現していくお手伝いをする仕事です。家族のようなおつき合いの中で生まれる信頼関係は、この仕事ならではの大きな喜びです。また、ホームヘルパーは、「訪問介護員」という呼称で呼ばれることもあります。

初任者研修の資格取得について
資格には初任者研修とありますがこれは旧ヘルパー2級のことです。
資格を取得するには都道府県や民間団体が実施している養成研修を受講し、介護保険法に基づいた研修過程を修了しなければなりません。
講座の終了時には修了証が発行されます。

コメント


認証コード5544

コメントは管理者の承認後に表示されます。