実務者研修



介護職員実務者研修(実務者研修)は、介護職員基礎研修のことですが、今では介護職員実務者研修(実務者研修)に変わっています。
介護職員基礎研修については、2013年4月から介護職員実務者研修に変わりました。
ヘルパー2級が介護職員初任者研修に変更され、介護職員基礎研修は介護職員実務者研修に変更となりました。

国は2012年を予定にヘルパー1級の資格を無くし、代わりに介護職員基礎研修を新設しています。
より介護の質を良くするという試みのようです。

介護職員基礎研修の資格の位置については、ヘルパー2級及び1級のすぐ上に位置し、介護福祉士の下に位置します。

介護職員基礎研修の講座やスクール、また、政府が発行しているホームページがあります。

尚、コアラの取得資格としては、この介護職員基礎研修を終了した者はヘルパー1級以上の資格取得ということですので、ヘルパー2級(3年の実績を有する者)かヘルパー1級以上及び介護職員基礎研修を終了したもの以上ということになります。

介護職員実務者研修資格者(実務者研修)はサービス提供責任者として、ヘルパーの管理や契約の対象となります。

現在、「ヘルパー1級」の資格は廃止となっています。それに変わるのが、「介護職員実務者研修」(実務者研修)と言われます。この修了証を取得することで、介護保険タクシーにて開業する為の必須条件の一つを満たす事ができます。この「介護職員実務者研修」は、およそ半年間の通信講座がメインとなります。終盤の10日ほど、研修施設等に実務研修に通うだけとなりますので、自宅学習が中心の為、他の資格等に比べて取得までの負担は軽いと言われています。

コメント


認証コード3375

コメントは管理者の承認後に表示されます。