ケア輸送サービス研修



ケア輸送サービス研修
正式には、ケア輸送サービス従事者研修という。

研修の概要
この研修は国土交通省が福祉輸送事業(限定)の運転者に関わる許可条件と自家用自動車による福祉有償旅客運送の登録団体の運転者に関わる条件として指定した研修です。

研修内容
自分のペースで空いた時間に学習できる通信教育をカリキュラムの一部に取り入れ、総計45時間のカリキュラム内容を集合研修は3日間にとどめるなど受講しやすさに配慮しています。

「福祉に関する資格取得者」「第2種運転免許取得者」には免除科目を設け、学習内容が重複しないように配慮しています。

・ 本研修では、看護師、理学療法士、救急救命指導員、運転者指導責任者など現場の実状を理解するとともに指導経験が豊富な講師がそれぞれの分野を担当します。

・ ケア輸送サービス従事者は、いざという時救急救命の対応が必要となるケースも考えられます。本研修では、カリキュラムの一部に3時間の救命救急講義を盛り込み、救命救急のための対応方法について学習します。

・ 研修修了者にケア輸送サービス従事者研修修了証および研修修了者が乗車する車両に表示するためのマークを交付します 。

同じような内容の研修には、
福祉有償運送運転者講習及びセダン型運転者講習があります。

実際には、地元の研修を開催している事業者をご紹介しています。

コメント


認証コード2244

コメントは管理者の承認後に表示されます。