合同会社

合同会社は、定款を作成し(会社法575条)、出資を履行し(会社法577条)、登記をする(会社法578条)ことで設立できます。登記にあたっては代表印が必要です。

株式会社と異なり、定款の認証が必要ないので、設立手続きが簡単です。

出資の履行にあたり、金融機関の払込証明書は必要ありません。

登記には、登録免許税(60,000円)が必要です。

会社設立日は登記申請日になります。

設立人数
合同会社の設立は、一人からでもできます。

介護タクシーや介護保険タクシーの法人に特に多いです。

コメント


認証コード3378

コメントは管理者の承認後に表示されます。